和装女史の勝手に酒場放浪記

着物で酒場を渡り歩く♪

Entries

料理人の実力 ~ 小料理 まっちゃん ~


あづ~~~

一昨日、我慢しきれずに
エアコンつけたワタクシです


昨日からは姫たちの為に
お昼もエアコンつける生活も始まり・・・・

で、電気代がぁぁぁ~~

今から恐ろしい


そんな中、二階の部屋のエアコン死亡―。

いや、去年からだったかもだけど
すっかり失念


お嬢の懇願によりお買替えとなったけど・・・


じゅ、じゅうまんえん

が一瞬にして消えた


ワタクシが死亡しそうだ・・・○| ̄|_




この日は京橋♪

珍しく、めったに通らない路地を抜け
兄店に行こうと歩いてると・・・・


ん?

んん??

んんん???


気になるお店を発見


立呑み 小料理 まっちゃん



お店があるのは知ってたけど

立呑み

の文字は見逃せぬ

いったん通り過ぎたけど・・・・

ブロガーたるもの怖気づいてはいかん!


突撃~~~(* ̄∇ ̄)ノAHAHA
(↑取材魂に火がついた)





思いっきり座りやし(笑)


なら立呑みって書くな~~~(* ̄∇ ̄)ノAHAHA


L字のカウンターのみの店内。
10人でいっぱいなキャパ。


元は立呑みやったのかな?



立呑みあるある(笑)





ドリンクメニュー

苦肉の策で撮影も
価格が写ってなかった・・・


ちなみに大びんは 550円



ネタケース


もうどこも鱧、入ってるね(^^)

綺麗なきずしがまぶしかった。




お品書き

ちとお高いめではあるかな。
でも座りだからね^^;


ポテサラは3種類。

これは珍しい(^^)

頼まなかったけどね~~(* ̄∇ ̄)ノAHAHA



しかし、アテに悩む・・・・


この価格だと恐ろしいポーションで
来そうな気がする・・・・


さんざ、悩んだ挙句・・・・




赤海老造り



えええ??

めっさ手が込んでますやん

ちなみに大びんはキリンかアサヒを選べます

キリンチョイスにしたら一番搾りだった。





頭も食べやすいよう丁寧に
工夫されてて・・・・

飾り切りの胡瓜で大将の腕の良さを見た

付け合せにわかめと茗荷が添えられてて、
大葉の裏に隠れてる大根のツマのは
細切りの胡瓜が混ぜ込まれてた。



丁寧に桂剥きされて、繊細な細さに
千切りにされた大根はやはり料理人のそれ。



ちょ、ちょっとなめてたわ

隣人が頼んだ鰹のたたきも
鰹が見えないほど野菜が盛られてて
混ぜて頂くらしい。
(↑観察してた)


む~~~(-"-

何気にクオリティが高い・・・・


常連さんと大将と交えてお少し話しさせて頂いた(^^)

大将はゆっくり食事をして欲しいから
座りにしてると。

なるほど。

確かにこのお料理ならここだけで
じっくり頂く方がいい。


きっと煮物も他のお料理も美味しいと思う。



しかし・・・大将は面白いような
面白くないような冗談を(よく)飛ばす(* ̄m ̄)プッ

ま、盛り上がるならええよね(^^)


これは久々にヒットの予感

たぶんまた行くやろね(^^)

但し、強制連行人つきで 


大将、ごちそう様でした。

またお邪魔しますね(^_-)-☆





スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは~!
札幌の家にはエアコンついてないです。
扇風機のみで夏を乗り切れます^^
  • posted by かっぱのしんちゃん 
  • URL 
  • 2017.07/02 12:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

くりみんさんへ 

なかなかのレベルと見た!
小料理屋ですね。
立ち飲みからの形体変更店なのかな。
  • posted by ひびき 
  • URL 
  • 2017.07/02 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

かっぱのしんちゃんさん

エアコンなしで過ごせるんですね~
さすが札幌♪
久し振りに行ってみたいです(^^)
  • posted by くりみん 
  • URL 
  • 2017.07/02 14:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: くりみんさんへ 

ひびきさん

そうでしょう?
ちょっと驚きでした^^;
立呑みって書いてあるから
元々はそうだったのかもしれませんね~。
  • posted by くりみん 
  • URL 
  • 2017.07/02 14:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

くりみん

Author:くりみん
吉田 類さまを酒の神と崇め
酒と着物をこよなく愛する大阪女♪

最新記事

カテゴリ