和装女史の勝手に酒場放浪記

着物で酒場を渡り歩く♪

Entries

京都にて。 ~ ととや ~


風邪っぴきだったこの日。

花粉症の薬のせいもあいまって
午前中、ひたすら寝る!!
というかなり珍しい休日の始まり。

ん~、弱ってると
あないに寝れるものなのか・・・




しかし、午後からは本日の
予定をこなさねば

京都



おりしも雨降りが恨めしい。
でもこの天気なら・・・・


京都駅からバスに乗り向かったのは・・・


京都市美術館


ルーブル美術館展

を観にやってきたのだ


この天気なら絶対空いてると踏んでたw



え~思いっきり空いてました(* ̄∇ ̄)ノAHAHA

しかも15.00まわりなので
さらに空いてるwww

チケットは事前に購入してたけど
週末ともなればチケット買うのも
並ばねば買えないやろね~♪







小一時間はいたかな^^;

個人的に好きな人物画と
写実的な絵画、
フェルメールの有り難い絵をご堪能

いや~空いてて観やすかった(笑)



さて、東山の駅まで歩こうとしてたら・・・


こんな用水路が

ここには何回も来てるのに
気づかんかった

実は用水路とか、湧水が大好きなの



この川べりがまた風情があって・・・(^^)


すぐに駅に着いちゃった(笑)


さぁて、げーじゅつも堪能したなら
酒場も堪能するワケで(*^m^*) ムフッ

地下鉄東西線に乗って丹波口駅へ。

こんな駅で降りたことないがな(笑)
そこから10分ほどウォーキング



ととや


火曜日と金曜日しか
立呑みをやってないという
かなりハードルが高い立呑み


ってか、本業は魚屋さん(^^)
食堂も併設してはって、
昼間は定食や海鮮丼も頂けるそうな。






販売スペースを開放しての立呑み♪



おもっきりセルフでっせ




ビールプール

赤星と一番搾りとドライが選べます♪

でも、赤星から先になくなりますねん(*′艸`)








このケースから自由に選ぶアテがステキ


揚物、焼き物、寿司も充実



牡蠣も焼いてくれはりますねん(^^)




柵のマグロはひいてしてくれはります(^^)



赤星

この番号札をもらわんと
あきませんねん♪

以後、この番号で伝票付けはるさかいに(*′艸`)



本日のお造り盛り 380円


ひ~~

すっごいコスパ



イカ・とびこ・ハマチ・赤海老・鱧・鮪

豪勢やわぁ

さすが魚屋さんのラインナップ


うまぁぁぁ!!( ; ロ)゚ ゚



これには酒や





冷酒 鐡齋

熱燗ないのよ(笑)

冷酒も2,3種類。

開いてるやつから呑むみたいなしきたりww

しかも、自分で注ぐという自由さ(* ̄∇ ̄)ノAHAHA



ネギマ ホタテ

ホタテはオーダーしてたの。
たぶん250円^^;


ネギマは適当に焼きはって
マスターが店内で
いる人~~

って声かけて売ってく感じ。

自由やなぁ(笑)

価格が不明やけどwww

ほんのりレアな焼き加減の鮪が絶品

ホタテも刺身用なので
焼いてもらうと甘みが出て美味しい~(^^)


冷酒 京都 五山の四季

一杯じゃ足りないわぁ(*′艸`)

最初にこっちが呑みたかったけど
開いてなくて・・・

気が付くと開いてたので呑んじゃったww

このあたりになると
お隣さんと話が弾んでね~



なんでもこの日は客の入りが良くて
ゲストが多かったらしい。

三田村邦彦効果か

先月の大人あるき旅という番組で
三田村邦彦さんがご来店~♪
(↑見てたw)

メディアの力はスゴイからね^^;


立呑みっていえば大阪は最強

京都は昼から呑めるとこも
立呑みも増えたとはいえ
まだまだ少ないよね~^^;


赤星2本
冷酒2杯
刺身盛り
ネギマ
ホタテ
お土産のパック3個

お会計は3000円ほどでした(^^)

ネギマは意外と
お高かったようデスネ( ^∇^)キャキャキャ




ととや
お魚が美味しい酒場です。

スポンサーサイト

Comment

 

凄い店をご存じで~(@_@)
魚屋さんの店
ととや
まんまな店名
魅力いっぱい~
ねぎまは、パスかなぁ…(^^;)
  • posted by 名張タカ 
  • URL 
  • 2015.07/15 17:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

名張さん

ええお店でしたよ~(*′艸`)
あれこれ食べたかったですわ。

ねぎま・・・
いったいいくらだったんでしょうねぇ(笑)
でもね、美味しかったんですよ♪
  • posted by くりみん 
  • URL 
  • 2015.07/16 10:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

くりみん

Author:くりみん
吉田 類さまを酒の神と崇め
酒と着物をこよなく愛する大阪女♪

最新記事

カテゴリ